上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月のJKCの『家庭犬』の特集は
愛犬を守るためにやっておきたいこと
これから起きるかもしれない災害の為に熟読しました!


そして、我が家に必要だと思ったこと
① 非難場所へのルートの下見
場所はもちろんわかっていたけど、実際災害が起きると倒壊があって通れなかったりすることもあるそうなので、複数のルートの下見が必要

② 防災グッズの再確認(最低限必要なもの)
3日分のフードと水(中型犬1頭につき2Lが目安)
クレート(キャリーバッグ)
迷子札付き首輪、リード
ビニール袋(ウンチの処理として多めに、食器にもなる)
トイレシーツ(1週間分あると安心)
ブラシなどの手入れ用品(避難所などで抜け毛で周りの人に迷惑をかけない為)
愛犬健康手帳 ※
ワクチン証明書・狂犬病予防接種済み票・鑑札
犬の写真(はぐれた時を想定し、家族と一緒に写ったもの数枚)
10日分程度の薬や療法食
犬用の靴(粘着包帯などでも代用可)

③ 柔軟に対応できる犬に育てる
我が家は皆手作りご飯
災害が起きた時に、食事の選り好みはできません
充分な量の食事はドライフードでしか用意ができないでしょう
その為にも、フードにもならすことが必要かな

④ 万が一の事を想定する
避難生活が長引いたり、新しい環境では犬を飼う事ができないかもしれません
万が一の為、自分の生活環境が整うまで、遠くの親戚や知人に預かってもらえるようにお願いしておかなければ 

⑤ シュミレーション
災害はどんな時に起きるかわかりません
私一人のとき、Kジと二人のとき、二人とも外出中のとき
それぞれどのように対応し、誰が何を運ぶか、何を優先して行なうかを話し合っおく事が必要

⑥ マイクロチップの装着
迷子札も鑑札も常につけている我が家
でも取れちゃったりすることもあるかもしれない
災害時に災害救助本部には必ずマイクロチップリーダーが配備されるそうです
実際迷子犬に、複数の飼い主が『うちの子だ!』と主張するするトラブルが起きたそうです
いままで必要ないと思っていたけど、検討しようかな  

他にも色々と書かれていましたが、とりあえず↑のことだけは早急に対応していかなきゃだなと感じました
大事なワンコたちを守る為、真剣に考えていかなくては!


※愛犬健康手帳とは
生年月日・体重などの基本情報から、病歴・現在の病気・投与中の薬・ワクチン接種の有無・アレルギーの有無・避妊去勢の有無・飼育環境(室内or室外飼育・温度湿度の好み)・食事内容・給与回数・好み・運動量やかかりつけ獣医の連絡先・注意事項といった情報を細かく記入したもの


IMGP6720.jpg

IMGP6721.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keikojj.blog9.fc2.com/tb.php/499-6718ff45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。