上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、かかりつけの動物病院の常連になりつつある我が家。
なんだかんだで、週に2回くらいは行ってる気が、、、、
いや、もっと行ってるか????
サクラは先生に会いに(←最近いたって健康!)
仔犬さん達は下痢&骨折(←下痢・復活しました、骨折・順調に回復)
モモちゃんは検査や薬やトリミングやら
それにプラスして、それぞれワクチン・狂犬病の注射・フィラリア・フロントライン等など
きっと先生やトリマーさん達には『お、また来たな!』って思われてることでしょう。
IMGP5676.jpg
↑元気にお昼寝する親子


そして今朝も行ってまいりました。
今回はポポちゃんを携えて。
といってもポポちゃんはただの付き添い。
メインはモモちゃんです。
実は、フィラリアの検査の時に、一緒に健康診断もしていただき、肝臓・腎臓の数値に問題があることがわかりました。
そのため低蛋白ご飯&お薬を実施してきました。
お陰で腎臓の数値はギリギリ正常値まで落ちたんだけど、肝臓の数値はちょっと下がっても正常値の何倍もあります。
引き続きの低蛋白ご飯&お薬にサプリメントと新しいお薬をプラスし、なんとか数値を下げたい!
とにかく早くさげたい!
なぜなら気になるできもの(しこり?)があって、その切除手術を受けた方がよいからです。
そのしこり、ここ1ヶ月で急激に成長し、今は金時まめくらいかな。
以前に胸や足にできたしこりと違い、ゴボゴボとし、肉にくっついてる感じなのです。
もちを地面に叩きつけたような感じとでも言いましょうか。
このまま成長を続ければ、筋肉や腱などをくっていく可能性があるそうです。
そして、耳も再び悪化してきています。
家では耳に触ることすら難しい状態で、耳毛が抜けず、掃除もできない為ぐじゅぐじゅしてきてしまいました。
こちらも状態によっては耳がダメになる可能性もあるそうなので、これも何とかしたい。
この肝臓の数値で全身麻酔をかけることには高いリスクが伴います。
でもこのままにしておくわけにもいきません。
先生と色々と相談し、検討し、悩みましたが今週金曜日に実行する事にしました。
モモちゃんは13歳に見えないお婆ちゃんです。
もしかしたら鎮静だけでフラフラになり、そのまま局所麻酔でいけるかもしれないと言う先生の言葉にかけてみることにしました。
全身麻酔にならなくてもいいよう、レスキューレメディーも試してみようと思ってます。
これで少しでも落ち着いておとなしくしてくれれば。
今からドキドキです。
IMGP5677.jpg
↑何にも知らず元気に寝てるモモちゃん
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keikojj.blog9.fc2.com/tb.php/464-3558e175
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。